ダイエット効果がある食材としてヨーグルトを食べている人は多いですが、いつ食べるといいでしょう。ダイエットには色々な手法がありますが、ヨーグルトダイエットは、腸の働きを良くしてお通じを良くし、むくみのない身体になる効果が期待できます。腸内環境が改善されることで、太りにくい体質へと変化する効果も期待できます。おなかが空いているときにヨーグルトを摂取しても、胃酸が乳酸菌を分解してしまいます。食事の後にヨーグルトを食べて乳酸菌を体内に取り入れることで、胃を抜けて腸まで乳酸菌が到達します。朝ご飯を摂る場合は、コップ1杯の湯冷ましと、野菜ジュース、そしてヨーグルトの組み合わせが適しています。胃酸の力が強いときにヨーグルトを胃に届けないように、昼や夜の食事でも、食事を摂ってからヨーグルトの順番にします。食事の量を最初から少なめにして、ヨーグルトを食べたらちょうど良くなるようにしておきましょう。そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、オリゴ糖を加えたり、フルーツとともに摂り入れると吸収率が高くなります。レーズンや、グラノーラ、ナッツを入れる方法もあります。アレンジの方法はたくさんありますので、自分にとつて食べやすいやり方を選ぶようにしましょう。ヨーグルトを食べてダイエットをするには、しばらく食べ続けることが前提ですので、継続性を重視するようにしましょう。ルーナサプリの定期モニター初回特別価格